探偵事務所紹介所

浮気の証拠の中でも裁判で採用される・されないものがある?

浮気証拠トップ

浮気の証拠の中でも裁判で採用されるもの・されないものがある?みなさん浮気の証拠と言えばどのようなものがあるだろうか?携帯のメールやLINEのやり取り、携帯の通話履歴・浮気相手と行ったと思われるお店やホテルの領収書などなど。一般的にこのような浮気の証拠が頭に浮かんだことだと思う。

浮気の証拠としてよく挙げあられるこれらは、なんと離婚や慰謝料を争う裁判にて信頼に足る証拠として採用されないものと考えられているのだ。例え世間の一般人がどんなに浮気の証拠以外の何物でもないだろう、と喚いても、裁判では非常に弱い証拠として見られているのだ。では裁判でも採用される信頼性の高い浮気の証拠とは何なのか。これについてみていこうと思う。

浮気の証拠で裁判で採用されるもの

浮気の証拠で裁判で採用されるものとは。裁判でも信頼に足る、有効な証拠として採用される有名なもので言えば、1つは浮気相手の住居に頻繁に訪れている証明となる写真や動画。しかも最低5回以上ぶんの証拠が必要とされている。いかに浮気相手と親密な関係にあるかが争点となるからだ。

浮気証拠現場

浮気の証拠として裁判で採用されるもの2つ目。これは王道の、ラブホテルに出入りしている様子が伺える写真や動画といった証拠。浮気といばホテルだろう。相手らが肉体関係にあるかを容易に推測できるラブホテルの利用は、非常に信頼に足る証拠として考えられているのだ。

ただここでも注意。相手がラブホテルに、最低40分以上は滞在していることを確認できなければ、肉体行為にはつながりにくいとし、浮気の証拠として弱くなってしまう。ラブホテル理由の証拠は、万全を喫するなら3回以上ぶんの証拠は用意しておきたいところだ。

浮気の証拠集めは素人には困難

浮気証拠困難

浮気の証拠集めは素人には極めて困難なのだ。浮気を疑われる側として想像してみよう。浮気相手の住居に居ただろう?と浮気を疑われたら、寝泊りさせてもらっただけだと反論することだと思う。ホテルに20分間いただろう?と疑われたら、休憩していただけだ、そんな短時間で何ができるのだ、と反論することだろう。こうやって反論されれば、浮気を追及する側とすれば立場が危ぶまれることは間違いない。だからこそ万全な浮気の証拠が必要となる。

浮気の証拠として有効なものをピックアップしたが、いかに素人に収集が難しいことがわかったことだろう。もし浮気を追及する側として裁判に臨むのであれば、探偵に浮気調査を依頼することをおすすめする。同じ探偵でもやはり業界最大手の原一探偵事務所に頼めば間違いないだろう。もし浮気で悩んでいるのであれば、一度原一探偵事務所に無料見積もり相談しにいってみよう。きっと満足のいく結果が得られるはずだ。

>> 原一探偵事務所の口コミ評判に関してはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ