探偵事務所紹介所

浮気を許すか否かの前に確認しておきたい項目2選

浮気許すトップ

浮気を許すか否かの前に確認しておきたい項目2選。パートナーに浮気されていることが発覚した際、ある人は相手に浮気を反省させた後許したり、ある人は浮気を許すことができず別れを切り出し、慰謝料を請求することもあるだろう。そんな浮気を許すか否かは人それぞれであるが、浮気を許すか否かの前に確認しておきたい項目が2つあるのだ。

浮気を許すか否かの判断の前に確認しておきたい項目2つとは、”浮気の全貌を明らかにしておくこと”、そして”浮気の全貌を明らかにするまで相手を泳がせておくこと”の2つとなる。これらは浮気を許すか否かどちらにせよ、こちらが優位な立場でいられるためには非常に重要な項目となるのだ。これらについて順番に見ていこう。

浮気を許すか否かの前に

浮気を許すか否かの前に。まず”浮気の全貌を明らかにしておく”という項目だ。浮気をもし許す場合。それはある意味相手の不祥事をチャラにするということになる。ではもし相手が複数の相手と関係を持っていたとしたらどうだろうか。相手は発覚した愛人以外の愛人と依然接触し続ける可能性が高い。浮気の全貌を明らかにしておかないとこのような可能性が浮上するのだ。

浮気許す実態

これに対して浮気を許さない場合は。浮気を許さない、つまり離婚や慰謝料の請求を視野にいれること。この場合離婚に正当性があるか、慰謝料請求に相当するのかの裁判も要求されてくる。その際に必要となるのが相手の浮気の証拠だ。浮気を許す場合と同様、浮気の全貌は明らかにしておく必要があるのだ。

浮気をするパートナーをあえて泳がせる

浮気許すとぼける

浮気を許すか否かの前に確認しておきたい項目2つ目、”浮気の全貌を明らかにするまで相手を泳がせておく”これは何故かというと、浮気の全貌、つまり浮気の確信的な証拠を掴んでいない状態で、相手の浮気の事実を追求すると、相手はとぼけるばかりか、言いがかりだと逆に攻められる恐れがあるのだ。更には一度浮気を疑われたことで、こちらの浮気調査に警戒し、証拠隠蔽を図る恐れも生じてくる。

浮気を許すか否かの前に確認しておきたい項目は以上だ。もちろん浮気の全貌を明らかにしたいのなら探偵に依頼するのが1番だろう。特に離婚・慰謝料の請求をい考えているのならなおさらだ。業界最大手の原一探偵事務所であれば、業界トップの浮気調査実績があるので、大船に乗るつもりで調査をお願いしてはどうだろう。無料で見積もり相談を承っているので気軽に事務所のドアを叩こう。

>> 原一探偵事務所の口コミ評判はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ